未分類

投資失敗談のリアル|一瞬で100万円を失って学んだたった一つのこと

投資で手っ取り早く、楽に大金を手に入れたい。口には出さなくても、そう思ってる人は多いと思います。「不労所得」という言葉に心惹かれる人も多いのではないでしょうか。

僕もそう思っていた一人で、実際に「儲かる話」にも手を出してきました。そして、とんでもなく痛い目にも遭ってきました。

最近でも「ローリスク・ハイリターン」を騙る投資案件は後を絶ちません。もし、あなたがそのような投資を検討しているのであれば、その前にぜひこの記事を読んでいただきたいのです。

実際に大失敗を経験したからこそ書ける、投資失敗談の「リアル」をお伝えしたいと思います。

僕が体験したリアルな失敗談

和牛オーナー制度

和牛オーナー制度」というのをご存じでしょうか?十数年前に雑誌やサイト等、各メディアで大々的に取り上げられ、「おすすめの投資商品」として紹介されていた投資案件だったのですが、僕はこれに手を出してしまいました。

 100万円の投資先

当時の私は、数年かけてコツコツ貯めた100万円をどうやって増やそうかと、色々な投資案件を検討していました。

・「株や先物は難しそうだし、なんかこわい。全財産失ったみたいな話もよく聞くし」

・「でも、普通預金の利子なんてほとんど無いみたいなもんだし、定期預金でもたかが知れてる」

「預けておくだけでそこそこ儲かる投資案件はないだろうか。。」

 色々探しているうちに、当時話題になっていた「和牛オーナー制度」が目についたんですね。僕の記憶が確かなら、配当は年3%くらいだったと思います(牛肉ももらえた)。年利0.0何%の預金と比べればとんでもない高配当!、と当時は本気で思ってましたね…

投資のプロみたいな人も勧めてるし、色々宣伝しててイメージも悪くないし、最悪ダメになりそうになったら解約すればいいし。

100万円をつぎ込んだ結果

散々迷った挙句、なけなしの100万円を全額この案件につぎ込みました。結果から言うと、その2年後に投資会社は倒産。つぎ込んだ100万円はパー。

倒産直前になってさすがにまずいと思い、解約連絡をしようとしても一切繋がらず。結局、3万円の配当を1回受け取れただけでした。

100万円を一瞬で失って得た教訓

 うわべの情報を鵜呑みにするな

今思うと倒産するだいぶ前から、ネット上では危険性を指摘する声はかなり上がっていたんです。「こんなビジネスモデルは続くわけが無い」と。

それでも、メディアの提灯記事を見破ることができなかった。「国が保証してくれている」という相手の発言を鵜呑みにして、見事にやられてしまった。「愚民」という言葉がぴったりの情けない状態でした。

素人はプロには勝てない

ろくに勉強もしていないただの素人は、格好の「カモ」です。相手は人心掌握術にも長けた強者ぞろいです。生半可な気持ちで手を出した時点でもう餌食にされると思った方がいい、と心底そう思います。

「楽して儲かる」は幻想

正直言うとこの案件以外にも色々やらかしてしまっているのですが、その全てにおいて、「これさえ買っておけば一生安泰」みたいな生ぬるい考えが根底にあった、というのは否定できません。

「自動収益」「不労所得」への憧れ、成功者への羨望、嫉妬も強烈に感じていました。

 どこに投資すべきなのか

稼ぐための投資ならネットビジネス

では、どこに投資すべきなのでしょうか。結論から言うと、「ネットビジネス」への投資をおすすめします。ただし俗に言う、ネットワークビジネスとは全くの別物です。

いわば「ネット上で行われる商売」ですから至極真っ当ですし、リアルの商売と同様、アクションを起こせば起こすほど結果がついてきます。

もちろん、何もしなくても勝手にお金が転がり込んでくるような甘い世界ではありません。自ら行動するのはもちろん、仕組み化や外注化等、様々な取り組みが必要になってきます。

まとめ

当時の僕は、はっきり言って何も考えてませんでした。ただぼんやりと「このお金が増えたらいいな~」って感じのただの間抜け。そんな人間はいとも簡単にカモられます。「考える」「行動する」というプロセスが圧倒的に足りなかったんですね。

僕が学んだたった一つのこと。それは「考えて、正しい方向に行動すれば結果は必ずついてくる」。この記事が、投資に失敗した皆様の再起のきっかけとなれば幸いです。