未分類

指示待ち人間を直したい人におすすめの思考法とは

あなたは自主的に行動できる人ですか?それとも、指示待ち人間ですか?

指示待ち体質。ポジティブな意味合いで使われてる場面を見たことがありません。「使えない」とか、心無い声も聞こえてきますよね。

指示待ち人間になってしまう理由と、おすすめの解決法について。僕なりの意見をお伝えしたいと思います。

指示待ち人間になるのは仕方ない

僕自身、指示待ち体質の人のことを一切責めるつもりはありません。指示待ち体質になってしまうのは仕方のないことだと思っているからです。

指示待ち体質になってしまうのは、ちゃんとした理由があります。では、指示待ちになってしまう理由とは何なのでしょうか。

指示待ちの受け身体質になってしまう理由

他者からの叱責

指示待ち体質になってしまう大きな理由は「他者からの叱責」です。

あなたが自ら率先して行動した結果、相手から「余計なことをするな!」と文句を言われたことはないでしょうか。そう言われたら「もう余計なことはしないようにしよう」という気持ちになるのは当然だと思います。

かつて僕自身、「指示待ち人間」でした。職場の上司から「勝手なことするな」と言われ続けた結果、「言われたことだけやってればいいや」と、仕事に対する自主性を徐々に失っていったことを覚えています。

そもそも何をすればいいのか分からない

何をすればいいのか全く分からず動けないでいると、「指示待ち人間」のレッテルを貼られることがあります。こちらからの質問に答えてくれればいいのですが、中にはこちらが仕事内容を知っていること前提で「自分で考えろ」としか言われないケースもあります。

あまりにも理不尽ですが、自信を持てない状態だと「自分は使えないやつだ」と自分を責めてしまいがちです。

指示待ち人間を直すためにおすすめの方法

では、指示待ち体質を直すためにはどうすればいいのでしょうか。

最も効果的なのは、自主性の高い人たちが集まる場に身を置く、ということです。僕の実体験として、自発的に行動できる人の思考や行動パターンを間近で観察し、真似することで確実に意識が切り替わっていきます。

例えば、ビジネスコミュニティに入ってみる、個別コンサルティングを依頼する、等は非常におすすめです。

指示待ち人間は直していける

もしあなたが、「自分は指示待ち人間だ…」と感じているのであれば、それは決してあなたのせいではありません。環境に適応した結果として、指示待ち体質が身についてしまっただけだと、僕はそう考えています。

今の時代は確かに、指示待ち人間では稼げなくなりました。これから意識を変えていくことはもちろん必要です。ただ、過去のあなた自身を責めないでほしいです。

あなたが今を生き、未来に向かっていけるように。この記事が何かのきっかけになれば幸いです。